PANEKKO

パネイルの毎日を伝える

ちょこっと社員インタビュー#2

f:id:Panekko:20191119110046j:plain

パネイルを牽引する営業部長が大事にしている信条とは?

株式会社パネイルにて人事をしております重田と申します。

【コンセプト】
ここでは、株式会社パネイルのメンバーを、ちょこっと紹介していきたいと思います。
第二弾は、営業部長の正田(まさだ)を紹介します。
※正田の経歴
総合金融機関や外資系金融機関などで一貫して営業を経験し、2018年6月にパネイルに入社。営業部長として、パネイルを牽引している。
 

 

f:id:Panekko:20191119110122j:plain

重田:インタビュー第二弾です。宜しくお願い致します。
正田さんはいつも笑顔が印象的です。何か、意識しているのでしょうか?

正田:信条として、「楽しく仕事したい」と思っています。自分もワクワクしたいし、営業としてお客さんにも「正田が来るのが楽しみ」と思ってもらえるような人でありたいと思っています。

重田:なるほど。その想いが笑顔に表れているのですね。

常にワクワクを追及してきた営業としてのキャリア

f:id:Panekko:20191119110152j:plain

いつも笑顔で気さくな一方、仕事面では営業部長として会社を牽引している。そんな彼が、これまでどんなキャリアを歩み、パネイルに入社したのかを掘り下げてみた。

重田:正田さんは、パネイルに入社するまで一貫して金融業界で営業をご経験されておりますが、なぜ金融業界を選ばれたのでしょうか?

正田:私のキャリアの始まりは"お金への興味"でした。

重田:"お金への興味"・・・ですか?

正田:はい。高校の課外授業をきっかけにお金に興味を持ち、お金の仕組み・いろいろな面を知りたいと思って金融業界に就職しました。その後、総合金融機関にて太陽光・PPS・不動産取引・不動産(商業施設)開発・リース・ファイナンスを、外資系金融機関にてカード決済事業の経験を積むことができました。

重田:なるほど。お金への興味をきっかけに、金融全般のいろいろな側面を見てこられたのですね。

正田:はい、そうです。お金のいろいろな側面、そこに関わる人の人間模様も見ることができ、本当に多くの経験をさせてもらいました。

パネイルの将来性に胸を膨らませ、ベンチャーで働いてみるのも楽しそうと思い入社しました。

 

f:id:Panekko:20191119110230j:plain 

一貫して金融業界で営業をされてきた正田が、なぜパネイルへ入社することになったのか、その経緯について聞いてみた。

重田:ずっと金融業界で営業をされてきた正田さんが、なぜパネイルに入社することになるのですか?

正田:外資系金融機関にて、新電力の企業向けにカード決済を勧める営業をしていた時、パネイルのグループ会社である東海電力にも営業で行きました。これが、パネイルとの最初の出逢いです。

重田:そうなんですね。ご縁ってあるのですね。

正田:本当その通り、ご縁でした。

重田:それでも、電力はこれまで興味を持たれてきた金融とは毛色が少し違うように感じますが・・・?

正田:そんなこともないです。総合金融機関在籍時に、投資用商業物件の利回り向上のために「電気代が下がる」ことがどれだけ大事か痛感した経験もあり、電力業界にとても興味を持っていました。
さらに、電力だけではなく、エネルギー業界の「未常識を常識に」するために市場規模 20 兆円のレガシーで広大なブルーオーシャンに挑戦しているという話を聞き、パネイルはとても将来性のある会社だと思い、入社することを決めました。

重田:なるほど。パネイルの可能性を感じて、転職する決意をされたのですね。でも、これまで在籍していた企業に比べると、パネイルは設立8期目・80名規模(入社当時はもっと少ない)ベンチャー企業だと思います。そういったベンチャー企業への転職は、不安であったり、勇気が必要だったのではないですか?

正田:ベンチャー企業へ転職する不安はまったくありませんでした。ベンチャー企業というものに興味があったのと、不安より「パネイルが将来どんな企業になるのだろう?」という楽しみの方がウエイト大きいと思ったので、迷わず入社することを決めました。
また、手前味噌な話ですが、無形(サービス)も有形も売れる自信はありましたので、自分自身のワクワクを優先して決めました。

重田:そうなんですね。会社の規模は関係なく、常に自分・サービス提供者がどうしたら楽しいかを追及している姿勢、かっこいいです。
入社して1年4ヵ月ほど経ちますが、どうですか?

正田:とても楽しいです。ベンチャーならではのスピード感や過去の経験を活かした営業もできております。また、会社も電力小売中心から、ゼロ100事業(https://corp.panair.jp/zerohundred)を推進しており、毎日胸を躍らせています。

重田:確かに毎日笑顔で楽しそうですよね。良いですね!素敵です。

 

 f:id:Panekko:20191119110258j:plain

重田:最後に、正田さんパネイルをどんな会社にしていきたいですか?

正田:そうですね。まず、前提として「楽しく仕事したい」というのが私の信条ですので、社員にも公私ともに充実していて欲しいと思っています。心が充実していないと、良いものを生まれないと思っています。そのうえで仲間と目指したいのは、みんなが見ない・気づかない・けど世の中に必要なサービスをどんどん送り込んでいきたい!と思っています。開発と営業でチームで他社に負けないサービス・システムを出していきたいです。

これからもワクワクを追及した楽しい仕事がしたい

 

今回のインタビューを通じて、パネイルスタイルの1つ「笑顔の最大化」が浮かびました。正田がワクワクを追及していった先に待つ未来がとても楽しみになる、そんなインタビューでした。

 

追伸
現在、正田と一緒に働く、代理店営業を募集しております。
興味のある方は、是非下記よりお問い合わせ頂ければと思います。
https://open.talentio.com/1/c/panair/requisitions/detail/13492
また、パネイルを「もっと知りたい!」という方は、上記以外にも複数職種募集しておりますので、是非お問い合わせください。

【株式会社パネイルの採用について】
・パネイル採用ページ:https://corp.panair.jp/careers/
・人事 重田のTwitter(@shige0207john)https://twitter.com/shige0207john